複数サーバーによる負荷分散により安定稼働と高速処理が可能に

iクラスタではダイナミック・クラスタ・アーキテクチャによる分散処理システムの採用により、様々な処理を複数サーバーで担います。複数ユーザーを1台のサーバーに収容する一般的な共用サーバーの場合、サーバー内に負荷の高いユーザーが存在すると、他のユーザーに速度低下が発生する場合があります(下図参照)。iクラスタでは、サーバー負荷を常時監視して、処理を複数サーバーに振り分けるので、他のユーザーの利用状況によらず、高いパフォーマンスを安定して発揮できます。

■ 一般的な共用サーバーでは高負荷時に処理速度が低下



複数のユーザーを1台のサーバーに収容、処理する一般的な共用サーバーの場合、あるユーザーの負荷が高くなると、他のユーザーに処理速度の低下が発生してしまいます。


■ iクラスタは負荷分散で高負荷時も安定した高速処理



iクラスタでは各ユーザーの負荷を常時システムが監視して、複数サーバーで分散処理を行います。負荷の高いユーザーは自動的に他のサーバーで処理が行われるため、安定した高速稼働が可能です。